衣食住農「つくる」が楽しい

四季を感じてつくる暮らしを楽しむ

カリンの蜂蜜漬け

f:id:YamanoKinoko:20211208112232j:image

大量のカリンをいただきました。

今年は大豊作だそうで、

食べきれないとの嬉しい悲鳴。

それではカリンの蜂蜜漬けにしましょう。

 

カリンはそのまま部屋に置いておくだけで、

甘くフローラルな香りでいっぱいになります。

3〜4日はまず芳香を楽しむため部屋に放置。

十分に楽しんでから蜂蜜漬け作業に入ります。

 

⚫︎カリンの蜂蜜漬けのつくり方

1.カリンを洗い水気をよくふきます。

2.皮や種はそのままで1センチくらいの輪切りにし、さらに4等分にカットします。

3.熱湯消毒した保存瓶に入れ、上から蜂蜜をかけ回します。

4.度々瓶をよく振りかき混ぜる。

5.汁が上がってきたら出来上がり。

 

炭酸で割っても、ホットで楽しんでもOK。

飲む時もまた甘い香りを楽しめます。

 

また、

カリンは固いので切る時は注意してください。

果実をコロコロ回しながら切ると上手く切れますよ。

 

写真は漬けてから5日目。

とろりと甘いカリンシロップが出来てます。

バジルソース

f:id:YamanoKinoko:20210915155136j:image

「今年は暑かったー」

というセリフを毎年言ってます。

年々暑さは増していくし、

歳とともに暑さに弱くなってきたのかも。

 

でもお盆過ぎたあたりから、

ぐっと猛暑はおさまりました。

わがままな事に涼しくなればなったで、

猛烈に夏の太陽が恋しくなります。

 

猛暑が過ぎると庭の草花たちも一変します。

バジルはぐんと枝葉を伸ばし、

こんもりとした森のように茂ります。

この時期の青々とした柔らかい葉を

待ってましたとばかりに摘み取り、

バジルソースを作ります。

 

■バジルソースのつくり方■

バジルの葉 50g

アンチョビ   25g

粉チーズ 15g

にんにく 10g

松の実  10g

バージンオイル 100ml

 

材料をフードプロセッサーで滑らかになるまで撹拌します。

 

私はアンチョビが大好きなので、しっかり味がするように多めにしています。

松の実はアーモンドやクルミなどにしても美味しいですよ。

レモンシロップ

f:id:YamanoKinoko:20210910144616j:image

今年はレモンの木にレモンがたわわ。

まだ青い実がまんまると大きくなって

枝をしならせています。

これは大豊作の予感!

 

ということで例年よりも早いのですが、

少しずつ収穫をすることにしました。

夏に徒長した枝を切り落とし樹型を整え、

しなった枝の大きな実を枝元からカット。

今年実った枝は来年実ることはありません。

だから分かるうちにカットしてしまいます。

 

本日はレモン5個収穫です。

 

■レモンシロップのつくり方■

レモン 5個

上白糖 レモンと同じ分量

 

1.レモンの皮をむく。

2.種を取りつつ5ミリスライスにする。

3.煮沸消毒した保存瓶にレモンと砂糖を交互に入れる。

4.砂糖が溶け出したらたまに混ぜ、溶けきったら出来上がり。

 

まだ暑い日もあるので炭酸で割ったり、

寒い日はホットレモネードでも。

 

青いレモンの皮は固く芳香が強いので、

捨てずに部屋の芳香として楽しんだり、

玄関に置いて虫除けに利用します。

 

マイ箸袋

f:id:YamanoKinoko:20210726105154j:image

以前よりも外食の機会は減りましたが、

食事のたびにゴミとなる

割り箸やプラスプーンは気になります。

 

近所のお気に入りの中華屋さんは

もともとプラ箸が置いてあったのに、

コロナの影響で割り箸になっていました。

しかも爪楊枝入りの個包装。

仕方ないとはいえゴミが増え気が滅入ります。

実は同様のお店が他にも数店ありました。

 

このコロナ禍、

私は【家族で短時間外食運動】をしています。

いつも生活を共にしている人のみで

近所の美味しいお店を食べて応援しています。

 

気持ちよく食事に出かけられるよう

マイ箸袋を作りました。

炒飯用にスプーンも入れます。

くるりと巻いてゴムでとめるだけなので、

箸が増えても大丈夫です。

f:id:YamanoKinoko:20210726110840j:image

食べに行くのは月に数回程なので、

食後は洗って干して次の出番を待ちます。

 

生地は子供の裁縫袋を作った時の残り。

小学生時代を思い出したりなんかして

クスリと笑えてくるのもひとつの調味料です。

 

梅シロップ

f:id:YamanoKinoko:20210526145932j:plain

今年は何もかも早いです。

桜の開花から藤の開花。

いつも6月中旬頃に収穫するはずのニンニクが枯れ、

もう収穫期をむかえました。

そして5月に梅がお店に並んでいました。

 

梅といえば梅シロップ。

毎年この梅シロップは家族に大好評で

あっという間になくなってしまいます。

そこで今年は冷凍時差式製作をします。

 

まず初日、梅を3キロ買ってきます。

そして1キロの梅を通常方法で瓶詰めにします。

同時に2キロの梅を1キロずつ洗って冷凍します。

翌日、冷凍した1キロを凍ったまま瓶詰めにします。

梅は一晩冷凍する事で梅の細胞が壊れ、

エキスが出やすくなり、1週間で出来上がります。

こちらを飲んでいるうちに、

初日の凍らせてない梅がちょうど良い頃に。

またシロップが減った頃、冷凍梅を瓶詰めに。

  

写真は冷凍梅5日目です。

あともう少しですね。

でも蓋を開けると梅のいい香りが〜。

 

梅は約2週間。

冷凍梅は約1週間。

仕上がりまでの時間差を利用して

在庫を切らさないようにします。

梅ってすぐに店先から消えてしまうので、

青梅が出回っているうちに冷凍しておきます。

冷凍庫が大きければ、秋頃まで飲めるかもしれませんね。

 

■梅シロップのつくり方〜冷凍バージョン〜■

梅1キロ(青梅でなくてもOK)
氷砂糖 700g
酢 大さじ2

 

1.梅をよく洗い、ふきんで水分をふきとる。

2.竹串で黒いヘタをとる。

3.梅を袋に入れて一晩冷凍庫へ。

4.翌日、カチカチに凍った梅をそのまま熱湯消毒した瓶に氷砂糖+梅+氷砂糖…のように重ねて入れていき、最後に酢をかける。

5.毎日瓶をふって、砂糖が全部溶けたら出来上がり。完成したら冷蔵保存します。

 

→昨年の梅シロップ

yamanokinoko.hatenablog.com

カクテキ

f:id:YamanoKinoko:20210215123909j:image

カクテキを作りました。

いつもなら1月にキムチ作りをするのですが、

驚くほどの野菜の高騰ぶりに

なかなか手が出ませんでした。

 

昨年は畑の白菜や大根が豊作だったので

まさに漬け放題。

でも今年は違う野菜を育てているため、

八百屋さん頼みになってしまいます。

気候と市場と台所は

深〜いつながりがあるのです。

 

▪️カクテキのつくりかた▪️

大根 1本

塩 大根の3%

ーキムチの具ー

唐辛子(細) 大さじ3 色付け用

唐辛子(細)(荒) ともに大さじ2 

いか塩辛 200g  みじん切り

アミ塩辛 50g

長ネギ 1/2本  斜め細切り

ニラ 1/2束  4センチ幅で切る

生姜 20g  すりおろす

ニンニク 5片  すりおろす

リンゴ 1/2個  すりおろす

昆布茶 大さじ1/2

砂糖 大さじ2

 

1、大根を角切りにする。

2、切った大根全体に塩をふる。

3、重石をおき大根がしんなりするまで水分を抜く。

4、水気を切り色付け用の唐辛子を混ぜしばらく放置する。

5、キムチの具を全部混ぜる。

6、大根に色が付いたら具とよく混ぜ合わせる。

7、冷蔵庫で5日くらいしたら出来上がり。

 

毎度のことですが、私は5日も待てず、翌日くらいから味の変化をみながら食べてしまいます。やはり5日目くらいになると、味がまろやかになって美味しいですよ。

 

 →白菜キムチの作り方はこちら

小豆カイロ

f:id:YamanoKinoko:20210205105903j:image

さて2月。

暦の上では立春を過ぎましたが、

まだまだ寒い日が続きますね。

 

繰り返し使える小豆カイロを作りました。

中身は台所にあった小豆と黒豆。

布は残り布を引っ張り出してきました。

※熱に強い綿100%か麻がベストです

 

形は肩にかけるタイプとお腹に仕込むタイプ。

首の部分を切り込んでカットすると、

そのまま肩に置けて便利です。

小豆が中で偏らないように、

いくつかの部屋に区切るのも重要です。

 

使い方はレンジで1分チンするだけ。

水分が多く含まれている小豆を温めることで、

蒸気が放出され優しい天然温熱効果で

じんわり身体を温めてくれます。

小豆の程よい重さも心地よく、

湯船に浸かっているようです。

ほんのりお豆の香りがするのも

気に入っているところ。

ただし効果はだいたい20分位なので、

持ち歩きには適しません。

 

※レンジの時間は出力によります。

目安として600wで1分です。

 

ヘチマタワシ

f:id:YamanoKinoko:20210127134147j:image

昨年、庭で育てたヘチマです。

結局大きく育ったのは一本だけで、

小さかったものは干してる時に

さらに縮まりボロボロに…泣

残った貴重な一本は、

大切に窓辺で乾燥させておきました。

12月になっても青々と元気な姿でしたが、

ついに今月茶色くカラカラになりました。

 

外側の皮をぺりぺりと手で剥いて、

中の繊維だけ残します。

カッターで3〜4センチ幅にカットして、

菜箸で中の種をつついて出します。

 

乾燥してカチカチかと思いきや、

手で握るとギュッと小さくなるように

程よい伸縮性があります。

本当にスポンジのようです。

 

早速今日から台所デビューします。

どれくらいもつものかわかりませんが、

これだけではちょっと心細いなあ…。

 

今年は生産量の増加!が目標です。

 

バターピーナツ

f:id:YamanoKinoko:20191018153044p:plain

先月収穫した落花生を

ほんの少しだけ干して残しておきました。

 

前回のブログでは落花生は

茹でるのが一番美味しいと書きましたが、

これも王道をいく美味しさです。

 

…とにかく無類のピーナッツ好きです(^^)

 

出来立てのアツアツも美味しいですが、

翌日の方がしっとり美味しくなるのです。

 

▪️バターピーナッツの作り方▪️

1. 落花生の殻と皮をむく。

2. 弱火で焦げないように回しながら炒る。

3. 香ばしくなってきたらバターを適量加える。

4. さらに焦げないように混ぜ合わせる。

5. 最後に全体に塩を振りかけて出来上がり。

 

少し食べたら我慢して

翌日まで置いておきましょう。

      

落花生

f:id:YamanoKinoko:20191018153228p:plain

夏にこんもり茂った落花生の葉が枯れ始め、

そろそろ収穫期となりました。

雨が降り出す前に掘り上げます。

 

掘り出した落花生はしばらく干してから

よく土を払います。

そしてすぐに塩茹でしていただきます。

 

落花生は大好物なので、

いつも素炒り落花生を買って食べていますが、

実は本当に美味しいのはこっち。

茹で落花生

 

収穫した落花生を水でよく洗い、

圧力鍋にひたひた程度の水と

塩をひとつまみ入れます。

10分圧力をかけて火を止め、

そのまま圧力が自然に下がるのを待てば

もう出来上がり。

 

殻の中からきれいなピンク色の落花生が

じゃじゃじゃじゃーん!

穫れたて茹でたて落花生の

しっとり美味しいこと!

 

むふー!

もう止まりません。

 

 

レモンシロップ

f:id:YamanoKinoko:20200929125604j:image

まだまだたくさんレモンが実っているので、

次はレモンシロップをつくります。

 

作業は切って砂糖に漬けるだけ。

短時間でできるので

思いついた時にささっと作業してしまいます。

 

出来上がったシロップは炭酸で割っても

お湯で割っても◎

私は紅茶に入れて甘いレモンティーにして

飲むのがお気に入りです。

 

もちろん料理にもつかえます。

サツマイモと一緒に煮て、

甘くてさっぱりしたレモン煮が大好物です。

 

レモンと砂糖は同量です。

写真はレモン3個分です。

 

▪️レモンシロップの作り方▪️

材料 レモンときび砂糖

 

1.レモンをよく洗って布巾で水気をとる。

2.両端は落としてスライスする。

3.種をとる。

4.熱湯消毒した保存瓶に砂糖とレモンを交互に入れていく。

5.たびたび瓶を振って砂糖を溶かしながら常温保存。

 

4日目くらいで甘酸っぱい琥珀色のシロップが出来上がります。

 

酢蛸

f:id:YamanoKinoko:20200925143957j:image

今年はタコが大漁のようで

お魚コーナーに豊富に並んでいます。

 

タコがお買い得ならば迷わずこれを作ります。

お正月のおせち料理にある酢蛸です。

酢蛸は大好きなのですが、

お店にはお正月しかありません。

しかも真っ赤なタコ…。

自家製ならば自然な色に仕上がります。

 

材料にすし酢を使うのですが、

昆布酢を常備しておくととても便利です。

ガラス瓶に酢と5センチ位の昆布を入れ、

冷蔵庫に入れておくだけ。

酢の物や酢めしを作る際に利用しています。

 

▪️酢蛸の作り方▪️

1.ボイルしたタコをすし酢に漬ける。

2.1日2回表裏をひっくり返す。

3.冷蔵庫で2日ほどで出来上がり。

 

※すし酢はお好みで調整します。

 

塩レモン

f:id:YamanoKinoko:20200911161045j:image

庭のレモンがだいぶ丸々としてきました。

そろそろ順に収穫していきます。

 

グリーンレモンは収穫したてのレモンで、

もし店で売られていたら、

それはきっと国産レモンです。

 

レモンはグリーンの状態で収穫され、

輸送の間に黄色くなるので、

輸入のものはたいてい黄色いレモンです。

 

グリーンレモンの良い点はノーワックス。

皮まで安心して食べられます

また、香りも酸味も強いので、

塩レモンには特にグリーンがおすすめです。

 

反面、果汁がやや少ないのと皮が硬いので、

みじん切りにするといいでしょう。

 

◾️塩レモンの作り方◾️ 

材料:グリーンレモン2個、粗塩30g

 

1、レモンを洗い水気をよくふく。

2、レモンの両端を切り落とし、あとは輪切りにする。

3、種をとる。

4、3をみじん切りにする。

5、熱湯消毒した保存瓶にレモンと塩を入れ、よくかき混ぜる。

6、毎日瓶をよく振って塩を溶かす。

7、冷蔵保存で3日目くらいから使えます。

 

→黄色いレモンは皮が柔らかいので、大きめカットでOKです。 

yamanokinoko.hatenablog.com

 

トマト水煮

f:id:YamanoKinoko:20200902091114j:image

今年はまだまだトマトの収穫が続いています。

2株しか植えていないのに、

連日ザルに山盛り。

過去最高レベルの収穫です。

 

f:id:YamanoKinoko:20200902123455j:image

山盛りアイコ

 

でも過去の例からすると不思議です。

長雨に高温多湿という気候。

脇芽欠きをしなかったという手抜き。

病気になる要素満々なのですが、

こんな悪条件で病気知らずで大豊作。

これはもう暑さにも病気にも強い品種だった

ということなのかもしれません。

あと、台風が来なかったのも大きいですね。

 

とにかく、大量のトマトを収穫したらこれ。

水煮にして保存しましょう。

ミニトマトなので皮むきが大変ですが、

ミニトマトで作る分、甘く味が濃いです。

 

また、収穫したトマトは冷蔵庫に入れず、

常温保存した方がもちがいいです。

我が家はエアコンが効いた台所に置いてあり、

通るたびにつまんで自然に減っていきます。

 

 

▪️トマト水煮のつくり方▪️

1.トマトをよく洗い沸騰したお湯に入れる。

2.皮が割れてきたらザルにあげる。

3.皮をむいたトマトを鍋に入れる。

4.灰汁をとりながら形が崩れるまで約15分煮る。

5.熱湯消毒した保存瓶に入れる。

6.冷めてから冷蔵庫にて保存。

 

※2の後はトマトが熱くなっていますので、冷めるまでしばらく待ちます。その間しっかり余分な水分を飛ばしてください。

アイスキューブ容器で凍らせて保存するとさらに便利です。

写真は冷凍用のアルミ容器です。

 

しょうがのはちみつ漬け

f:id:YamanoKinoko:20200901122930j:image

この夏、ビールをジンジャーエールで割る

シャンディガフにハマりました。

もともとビールの苦味も含めて

大好きなのですが、

暑さがいけないのかビール1缶では足りない。

そこでジンジャーエールで量を増やしてみたら

あまりにも美味しくてどハマり。

かえってガブガブ飲んでしまうハメに。

 

そこでしょうがのはちみつ漬け。

これはドリンクにも料理にも万能なので、

冷蔵庫に入れておくと活躍間違いなしです。

 

▪️しょうがのはちみつ漬けのつくり方▪️

1.しょうがをよく洗い薄く皮をむく。

2.スライサーで薄くスライスする。

3.熱湯消毒した保存瓶にしょうがとはちみつを交互に入れる。

4.しょうがが漬かるくらいの量を入れ、ざっくりとかき混ぜる。

5.冷蔵庫に入れ保存。たまにかき混ぜる。

6.2〜3日後くらいから使えます。

 

※その後も冷蔵庫で保存します。

 

→しっかりとジンジャーエールを飲みたい時はこちら。 

yamanokinoko.hatenablog.com